スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

【音楽】Jazzってやつぁ、と言いつつクラシック 指揮者と言えばこの2人! フルトヴェングラーとカラヤン

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
(2007/09/26)
ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

商品詳細を見る
ベートーベンと言えばフルトヴェングラー、フルトヴェングラーと言えばベートーベンってなくらいベートーベンの名演が多い様だ



実際クラシックだよ、お前ってやつぁ・・・トカナントカw まぁルパン三世は置いておいて。クラシックの演奏家(指揮者)と言えば、私としてはフルトヴェングラーとカラヤンの2人だ。フルトヴェングラーは第九も名演として言われているが、英雄(エロイカ)もカッチョイイ。高校生だった当時、吹奏楽部に教えに来てくれていた芸大のトランペット吹きの先生が好きだったってのもあるかな(フルトヴェングラー)。


ベートーヴェン:交響曲第9番ベートーヴェン:交響曲第9番
(2006/11/08)
バーンスタイン(レナード)、ジョーンズ(ギネス) 他

商品詳細を見る
カラヤンなら第九ですかねえ。重厚にして華麗。



フルトヴェングラーは時代が古いので音源がアレな場合が多いが、その点はカラヤンが聴きやすいかも。それにしても・・・だ。

Wilhelm Furtwängler(ヴィルヘルム・フルトヴェングラー)、Herbert von Karajan(ヘルベルト・フォン・カラヤン)。う~ん、いかにも「ドイツ」な名前ですよねえ。いいですね。もう、名前だけでスゲエって感じになるw それでいいのかよ(笑) どちらもベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で棒を振った世界的な指揮者だ。クラシックと言えばベルリン・フィルでとどめ!ってなもんで、ベルリン・フィルを聴かずしてクラシックを聴いたと言うなかれ、というほどその存在は大きい(と思っている)。

おおっ(@@ wikiを見ると、カラヤンは、SONYの大賀社長(当時)に看取られて亡くなっていたのかッ! 知らなかった。・・・と、ちょっと普段と違うクラシックの話題で記事を作ってみました。2人ともあまりにも名前がカッチョイイもんでね('A`)y-~



証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)
(2008/10)
川口マーン 惠美

商品詳細を見る
やっぱり並び賞される存在なのですね。



目で見る楽器の音―By FFT analysis目で見る楽器の音―By FFT analysis
(2004/04)
大蔵 康義

商品詳細を見る
あら、やっぱりあった大蔵康義先生の本。高校時代は御世話になりました。ありがとうございました。



関連記事
スポンサーサイト
2011-05-19(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


Counter(+90,000)
Profile

ぎゃわ

Author:ぎゃわ

いいよ、信心深いヤツには向かねえ仕事だ。俺は夢ぇ盗まれたからな。取り返しに行かにゃ。実際クラッシックだよ、お前ってやつぁ。

(画像は岡部倫太郎
pixiv 式森(B)氏作)


gyawa
since 1997.11.23

人気記事ランキング
東京国立博物館
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
New Topics
Comment
ITmedia Topics
Archive
Search
QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。