スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

2005.09.25

2005/09/25

     昨日の晩、エターナルカオスで同ギルドであり現ギルドマスターの水無月氏に呼ばれたのもあって、ひっさびさエタカにログイン。渡しきれていなかったアイテムを引き渡してきた。パッチあてるのにかなり時間がかかったのは、それだけ長期間ログインしていなかった証拠だろう。デカレンで少し狩りをしてブツを渡して落ちた。NEED氏も来ていた。今はエタカはメインではないとのことだった。私は現在ゲームは主でないので、まぁhtml書きが主になるのかねえ。

     『おたく』の研究 こんなの発見した。興味のない事柄ではないし、いままで読んでいなかったのが不自然なくらいかも(笑) ここがどーやら語源とされているようだ。1983年ということだから、かなり古い。wikiでも一般的に語源とされているとの記述があるので、信憑性はそこそこあるのだろう。内容は『研究』というには余りに揶揄しているだけ、といった感じを受けてしまうが、当時は双方、おたく側もおたくを観察する側も、この程度の認識だったのだろう。なにせ20年も前だ。規模的にも現在よりも当然相当小さかっただろう。コミケに関する記述で"1万人"とあるが、現在は10倍以上になってますからね(汗) 中森明夫氏はおそらくある程度反感を買うことまで計算して書いたのだろう。内容的に特筆すべきことはないのでおいといて。語源がこれであるとすると、漫画・アニメの分野に対して使われるべき言葉なのだと再認識。もちろん現在ではその分野に限って使われるわけではなく、もっと広範囲に使われる。私なんか自分自身が、この『おたく』という言葉に表される範疇に含まれると思っていたが、漫画・アニメに関してそこまで入れ込んでる訳ではないなぁと考え直してしまった。パソコン(以前はマイコン)とかコンピュータ・ゲームについては、確かに所謂『おたく』と言ってもいいレベルで傾倒している(いた、かな?)と言えるだろうが。wikiでのおたくに関する記述を読むと、マニア/インテリ/Geekといった言葉も併せて記述があり面白い。また近年の理系離れについても記述がある。サブカルチャーと言われるような、この手の分野の話は興味があるので、まー今後もちびちび調べたりするだろね。しっかし今じゃ私も社会人だから大抵は上下スーツなので当たらないが、学生の頃はまさにやせ系おたくを体現してたんだろうな(笑) 身なりにはあまり頓着しなかったからねえ。しかし当時はPC/ゲームからは離れて音楽に入れ込んでいたか。4~6時間太鼓叩いている日もあったな。あそこまで入れ込んで何か出来ると面白いんだろうけどなぁ。とりあえず今は仕事デスカネ。


  ▼エターナルカオス2003 【オリオンサーバ】
  LV261 ブルカン NextLV@1億4,608万
  現金 2,386万


関連記事
スポンサーサイト
2005-09-25(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


Counter(+90,000)
Profile

ぎゃわ

Author:ぎゃわ

いいよ、信心深いヤツには向かねえ仕事だ。俺は夢ぇ盗まれたからな。取り返しに行かにゃ。実際クラッシックだよ、お前ってやつぁ。

(画像は岡部倫太郎
pixiv 式森(B)氏作)


gyawa
since 1997.11.23

人気記事ランキング
東京国立博物館
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
New Topics
Comment
ITmedia Topics
Archive
Search
QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。