スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

【航界種】ロエ2さんの手紙の意味は【ログ・ホライズン】

「小説家になろう」で公開されているログ・ホライズンWeb原作とNHK教育(Eテレ)土曜17:30にやってるアニメ「ログ・ホライズン」でストーリーを追いかけていますが、なろうの087の冒頭にあるロエ2さんからの手紙の内容について意味を考えてる。まぁアニメの展開も追い付いてきたので、すぐに明らかになってしまうんでしょうが、自分で考えてみるのが楽しみの1つでしょう。1文1文見て行きましょうか。ネタバレも少々含みますので、Web原作既読、放映済みアニメ既視聴、が前提です。


――私たちはあなたたちの言葉で言えば、人工的な知性体であり、
創造者の社会を補助するために生み出された。


ロエ2さん達、航界種は人工的な知性体である、ということは我々の世界でいえばAIということになるだろう。更にそのAIを作り出した創造者がいる。地球人類が住むのとは異なる世界の住人達が航界種だということだろう。その世界はどこにあるのか。地球とは遠く離れた銀河系の他の惑星なのか。銀河系外の他の銀河にある惑星なのか。それともこの世界ではない異世界、平行世界の住人なのか。あ、もしかしたら海外編で出て来たコッペリアならBotだし、航界種とはもっと自然に意思疎通が可能なのではないだろうか。ロエ2さんとコッペリアちゃんの邂逅も見てみたいね。


私たち、つまり〈監察者〉と〈採取者〉はある種の使命を持って
送り出されている。


航界種には監察者と採取者の2種類がいるということ。観察者じゃなくて監察者なんだな。共感子(エンパシオム)の観察じゃなくて採取者を監察するってことなのでしょうか。だとすれば採取者であるところの典災が暴れて悪い影響が出ないように取り締まるのがロエ2達監察者のお役目ってことになるのでしょうか。


それは私たちが〈共感子〉(エンパシオム)と呼ぶ資源の探索と採取だ。

共感子というものを探して採取するのが航界種達の目的。共感子ってのが何なのかは不明だが、資源と表現されていますが、まぁ何となくのイメージではある種のエネルギーなんでしょう。共感という言葉を使っているので、ある存在とある存在が共感した時に発生するってことなんだろうと推測しています。


人工的な加速を加味しないこの時間は、おおよそ永遠と等しい。

ログ・ホライズンの設定として、オンラインゲーム「エルダー・テイル」では現実世界の12倍の速さで時間が経過する、というものがある。人工的な加速ってのはそういうことを指していっているものと思われる。そうでない自然に流れる時間で1,000年は永遠とも言える程だと。ま、でも、考古学や宇宙科学では1,000年なんて非常に短い時間でしかないはずなんですけどね(笑) なにしろ1億年とか10億年とか、そういう長さの時間における変化を考える学問ですからねえ。


この危機的状況を打破するためには別の世界が必要とされ、
〈素数亀裂〉(バックドア)という数学的な手法で「探索可能な
別の宇宙」を探すために作り出されたのが我々だ。


バックドアという読みから、サーバのハッキングを行っている様な連想をしてしまいますね。また「探索可能な」という表現はエルダー・テイルの様なオンラインゲームが探索可能な範囲であることを暗示しているのではないかなあ。創造者が作り出したAI、つまり航界種が探索可能な別の宇宙の中にエルダー・テイルが含まれていたってことはエルダー・テイルと同じオンラインゲームが探索可能範囲ってことになるんじゃないかなぁ、という推測。ひょっとしたらエルダー・テイル以外のオンラインゲームでも合致が起きていたのかも知れません。


つまり、私たちはまったくの不意打ちで〈合致〉に巻き込まれた
わけではなく、ある程度は期待して巻き込まれたといえる。


「ある程度期待して」ってのは前後の内容から考えて、いささか弱過ぎる表現だと思うなぁ(笑) 天文学的な数で偏在させてまで引き起こそうとしていた現象なのに、「ある程度」なんていうレベルのわけがないッ!w 超期待して渇望していたレベルでしょう。まぁロエ2さんの性格が控えめなのでしょうか。いずれにしても、合致ってのが冒険者の言うところの大災害のことでしょう。言葉の響きからして航界種の宇宙と冒険者の宇宙が「合致」したってことでしょうね。おそらくですがシロエ達は現実世界とゲーム世界が重なりあって混じり合ったと解釈していたのではないかと思うのですが、この手紙の内容から、そうではなくて航界種の世界と我々人間の世界の一部であるゲーム世界が重なりあったものらしいことが推測されます。


もちろん君たちも知るように宇宙は知的生命体一種につきひとつしかない。

この1文は衝撃的でした。ロエ2さんの言う「宇宙」は我々が宇宙と言っているものとは別のものでしょうけど、それにしても1つの宇宙には知的生命体が1種しか存在できない!? 宇宙科学や宇宙生物学をやってる人達が聴いたらぶっ倒れそうな衝撃ですよ、これ(笑) それじゃ宇宙人や地球外生命体にはどんな手段を使おうとも出会うことは叶わない、ということに… 夢がなさ過ぎるよ、それ。ファンタジーなのかSFなのか微妙な感じのログ・ホライズンでしたけど、ま、どっちの要素も含むとして、やっぱ存在してほしいじゃん宇宙人とか地球外生命体とか。存在するならどこかで出会うと思いたいじゃん?普通。


〈摂理地平線の原則〉によれば知的生命体は別の知的生命体と
出会うことができない(、、、、)。


前述の文言と併せて考えると、摂理地平線というのがロエ2さんの言う宇宙の最外殻だろう。それで摂理地平線の原則ってのは摂理地平線内には知的生命体が1種しか存在できない、という原則なのでしょう。


また〈無矛盾の大原則〉によれば矛盾は誕生と同時に消滅するために、
宇宙に矛盾は存在できない。


矛盾が誕生と同時に消滅する、という表現からは物質と反物質の対消滅を連想した。また無矛盾という言葉からゲーデルの不完全性定理を連想しましたよ、私は。ゲーデル先生によれば無矛盾な系はいくらでも作り出せるらしいので、他にもセルデシア的な世界が存在するのでは…… 宇宙の矛盾ってのは知的生命体が1つの宇宙に複数存在するってことですかね。


だが何事にも例外は存在するし、その原則を無視をするために、
多くの制限を受けているのがこのセルデシア亜世界だと我々は
考えている。


「例外」というのがセルデシア亜世界(エルダー・テイルの様な世界)であり、無矛盾の大原則や摂理地平線の原則を無視できるのだろう。ということは、知的生命体が複数種存在しても良いということか? また、制限というのがどんな制限なのか。冒険者達が元の世界に戻れないのも制限のうちなのか(だとすれば、制限を解除する条件は何なのか)。セルデシア亜世界で死んだ時、経験値を失う代わりに記憶の一部を失うのは制限の1つなのか。


私はあなたたちが倫理規定上、ランク3以上の知性体だと考える。

ランク3以上、ということはランク4や5、もしくはもっとランクが上の知性体も存在するのか? 大体どんな基準でランクを分けているのかすら不明(笑) ロエ2さんに一度きちんと説明して頂きたいものだ。今のところランク2=採取者(典災)、ランク3=冒険者、ってことですね。大地人はどうなるのだろう。


ミノリがわたしにそれを証明したからだ。

ミノリのどんな行動がロエ2にそれを証明したと言わしめたのか。やっぱ「お姉ちゃんです」のやり取りの部分ですかね?


ゆえにこの疑問を調査するため、また、あなたたちの権利を保全する
ために、私はジャクセアと呼ばれる地を目指すことにした。
資源保全のために必要な任務だ。


ジャクセアとはどこか、なんですが、Webで調べたところログ・ホライズンの設定として遺跡島ジャクセアというのが存在し、現実世界の種子島の位置のことらしい。資源ってのは共感子のことだから共感子を探す、または採取する場合に影響が出るというか何らかコントロールすることが可能な何か施設があるのだろう。多分、現実世界の種子島宇宙センターのことですね。ログ・ホライズンではなんという名称になるのかな。あ、ジャクセアって名称はJAXA(宇宙航空研究開発機構)から来てるのかな。うむ、多分そうでしょう。セルデシア亜世界で死んだ時に月サーバに転送されることと無関係ではなさそうですね。今後の展開として、おそらくジャクセアで非常に重要なことが起きると思われます。アメリカだとケネディ宇宙センターですかね。この後のストーリーで出てくるかも(笑)


比較的影響が小さい分岐を検討すれば、前述の無矛盾原則により我々、
冒険者、大地人の三者のうち二者あるいは三者は「知的生命体ではない」
と観測されるだろう。


観測されるってのは、誰に観測されるというのか。創造者か? もし観測されたら徐々に知的生命体ではなくなってしまうのか? それは恐ろしいですなぁ。


この量は恒星間戦争を引き起こすほどの巨大利権であると言って、
君たちに伝わるだろうか? 前述の分岐以上に破滅的な未来が
無数に存在する。


「存在する」と言い切っているところから、どうやら航界種は平行世界が存在することを確かめたことがある様だ。Steins;Gateの世界線分岐みたいなものだろうか。どの様な「破滅的な未来」を見てきたのか知りたいところだ。ログホラとシュタゲのクロスオーバーならゲル・シロエとかゲル・アカツキとかもありえるのか?www


あなたたちが〈帰還〉をすれば、細かい矛盾は遡及的に解決されるだろう。
それもひとつの分岐である。


冒険者がセルデシア亜世界から現実に帰還すれば、冒険者がセルデシアに与えた様々な影響は過去へ遡って徐々に
なくなってゆく、ということだろう。だとすれば、ルンデルハウスは冒険者の帰還後は大地人に戻るということになる。冒険者がいなくなった後も冒険者という存在として残ることと、大地人に戻ることは、どちらが幸せなのだろうか。周囲に冒険者がいない世界では大地人に戻ったほうが幸せだろうな。冒険者として積み上げた経験値やレベルはどうなるのかな。ま、大地人に戻っても、それは残ってて問題ない気がする。


彼らは私たちと同じく〈航界種〉ではあるがランク2相当
の知性体である。


採取者はランク2知性体。では、監察者はランク3なのか? 今後明らかになるでしょう。ここまでの手紙の内容で勝手に筋書きを考えてみると、合致(大災害)の制限解除条件をどうにかしてシロエ達が手に入れ、ロエ2さん達、航界種の助力を得ながら帰還する、そして帰還後が少し語られる、というところでしょうか。濡羽やリ=ガン、カナミやKR、カズ彦がどう関わってくるのか。シロエとアカツキも垣間見ていますが月サーバはどの様に関わってくるのか。デリシャスさんやウィリアム=マサチューセッツさんは出番があるのか…

いや~、どういう結末をつけるつもりですかね、橙乃ままれ先生は。アニメ2期では最後までは行かないでしょうから、是非アニメ3期も放映してほしいところです。NHKさん、よろしくね。



ログ・ホライズン (1)ログ・ホライズン (1)
(2013/04/15)
ハラ カズヒロ

商品詳細を見る



ログ・ホライズン 2 [Blu-ray]ログ・ホライズン 2 [Blu-ray]
(2014/02/26)
寺島拓篤、前野智昭 他

商品詳細を見る



ログ・ホライズン1 異世界のはじまりログ・ホライズン1 異世界のはじまり
(2011/03/31)
橙乃 ままれ

商品詳細を見る



ログ・ホライズン にゃん太班長・幸せのレシピ 1 (B\'s-LOG COMICS)ログ・ホライズン にゃん太班長・幸せのレシピ 1 (B\'s-LOG COMICS)
(2013/08/31)
草中

商品詳細を見る



着せ替えアカツキちゃん/ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター ログ・ホライズン/シングルカード着せ替えアカツキちゃん/ヴァイスシュヴァルツ エクストラブースター ログ・ホライズン/シングルカード
ファイブクロス-デート・ア・ライブ

何と言うヘンリエッタ(梅子)ホイホイwwww

商品詳細を見る


関連記事
スポンサーサイト
2015-03-01(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


Counter(+90,000)
Profile

ぎゃわ

Author:ぎゃわ

いいよ、信心深いヤツには向かねえ仕事だ。俺は夢ぇ盗まれたからな。取り返しに行かにゃ。実際クラッシックだよ、お前ってやつぁ。

(画像は岡部倫太郎
pixiv 式森(B)氏作)


gyawa
since 1997.11.23

人気記事ランキング
東京国立博物館
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
New Topics
Comment
ITmedia Topics
Archive
Search
QRコード
QR
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。