【飲み歩き】某氏とまた飲みに行くのですが【調布・府中】ジャズ喫茶ってのも

調布「山小屋」

某氏と飲みに行ったジャズバー山小屋。調布にも一応ジャズを聴かせてくれるお店はあるんですねえ。レコード、CD、DVDの数は多くはなさそうでしたが、マスターとJazzの話ができるだけで稀有な店だ。11月12日(土)にまた飲みに行こうという話なのですが、時間が許せば「山小屋」にも行きたいですな。お店のマスターはサックス、キャノンボール・アダレイなんかが好きだと言っていた。50年代がお好みの御様子。アルトならアート・ペッパーもいいんじゃないかと言ったら、黒人がいいんだと言ってたなぁ。某氏もJazzを色々と聴いてみたそうではあるけど、プレイヤーの名前を殆ど知らないので、何を聴いていいのかわからないと言っていた。まー有名盤でいいなら学生時代に私が聴いてたヤツを教えることも出来ますが… 取り敢えずSaxならチャーリー・パーカー、pfならバド・パウエル、Tpならクリフォード・ブラウンを聴けッ!(笑) それ以外を聴くのはそれからだ。

いつものメンバで賑やかに行くような店じゃないとは思うんだが、まぁたまにゃうるさい客がいてもいいのかも知れない。そういえば「山小屋」に行ったことでジャズ熱が上がったからなのかもしれないのですが、先日、府中駅近くのジャズ喫茶に行ってみた。気になって、ちと調べてみたらあるじゃないですか駅のすぐそばに。

府中「Cafe GALA」

googleマップでジャズ喫茶、とはなっていたんですが、私が店に入った時はクラシックがかかっていた(ラジオ放送だとのことでした)。きくとクラシックをかけることもあるとのこと。メニューにお酒がないのが残念でした(笑) まぁ喫茶だから仕方ないのかぁ。ジャズ喫茶というと酒が呑めるのが当たり前と思っていたので、物凄く肩透かしを喰らった気分でした(笑) 店内の壁面にウッドベースが掛かっていて、お店の雰囲気はバッチリだ。雑誌や漫画、文庫本なども古いものが結構あって、ジャズ研で現役プレイヤーだった頃に通ったMilestoneを思い出しましたよ。マスターとも話ができて、リクエストにも応えて頂いた。ジャズだけでなくクラシックも聴かせてもらった。超絶に余談ですが、途中で入ってきた客が「Wifiありますか」ときいて、ないとわかると帰っていったのが非常に今時だなぁと思いました。驚いたとゆーか、そーゆー店じゃないとゆーか(笑) ま、ファーストフードだとか、某スタバなんとかとか、Wifi環境が普通にあるお店が多いですからねえ。「あるんじゃね?」と思ってしまうのも致し方ないことなのかもしれません。

11月12日の飲みはどうなりますかね。ちゃんこ鍋のあとにどうするかは、当日その場で決めましょうか。



COMPLETE QUARTET RECORDINGSCOMPLETE QUARTET RECORDINGS
BOOKER LITTLE

Ais 2010-04-05
売り上げランキング : 39084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト
2016-10-29(Sat)
 

【CD】 音楽CDが売れなくなって久しいですが - 椎名林檎「CDはもうダメ」で波紋

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1319278
椎名林檎「CDはもうダメ」で波紋
(ニコニコニュース)



音楽CDが売れないって話は随分前から聴いているが、歌謡曲の存在意義がだいぶ下がってきただろうし(私はCDそれなりに買っていた時期もあったけど歌謡曲じゃなかったし)、生活必需品ではないし、世間一般の方々の収入も上がらないし(上がらないどころか下がっているという記事ばかり目にするし)、そりゃそーだろうとは思うのですが…

学生時代って言葉自体がもう何か年寄り臭くてアレなんですが、高校生/大学生の頃は、フュージョン(死語)やジャズやクラシックで音楽から様々な感動を与えてもらった私としては、音楽業界が衰退しているという内容の話は聴いていて辛いものがあります。感受性豊かな若い頃にいい音楽に出会えない環境じゃ音楽を聴く習慣が出来ないし感動もしない、社会人になって可処分所得が増えても音楽に対してコストをかける訳がない。確かな根拠があって言っている訳じゃないが、やっぱ若い頃、10代~20代前半までですかねえ、くらいに世の中で良いと言われている音楽を聴いて感動する経験がないと何がいいのかもわからないだろうし。ま、何がいいのかは究極的には個人の感じ方なので千差万別としか言えないのですが、これはいいものだ(マ・クベではありませんよw)と言っている人が多いものをそれなりの数聴いていれば何が良いと評価されるのかの基準を体感的に理解できるようになるだろうし、それに従うにしろ従わないにしろ能動的に音楽を聴く下地ができる。その経験をしづらくなっているってのはあるだろうし、残念だなぁと思うわけです。

この記事のコメント、かなりの数集まってますね。まだまだ音楽について思うところのある人が相当数いるという証明であると思います。コメントからいくつかの傾向を拾い上げてみますか。

 AKBは邪道、というか明らかにCD本来の意味をブチ壊した元凶だ。
 林檎様の危機感はアーティストの総意と言える。今更感だが業界
 は新たな市場開拓を必死で模索すべき。座しては駄目だ

AKB商法という言葉まで生み出した握手券付きCD。CD売上という観点でのみ見れば大正義と言える。何しろ数が売れるからだ。まーでも音楽じゃないしね(笑) あ、表現が曖昧かな、音楽を聴きたくてCD買ってるわけじゃないしね、ということ。賛否両論あるだろうが、ここでは本筋ではないとしておきますか。それ以外のパターンは何があるかと見てみると、

 JASRACをなんとかしないと。

これ。正直、私はこのJASRACとかカスラックとかいう関連のコメントの裏にあるものを正確に理解していないので、あまり突っ込めないのですが、JASRACに限らず業界自体の所謂「中抜き」といわれる高コスト体質に関する点と、著作権に絡んで世間一般の人達に音楽を聴かせる場を奪ってしまうという自分の首を絞めている様な点、の2つだと思われます。JASRACの中の人達も後者については悩んでいるんじゃないかなぁ。昔はTVで歌謡曲を流す番組が多かったのですが、今はそうではないので音楽を聴かせる別の場所が必要だろうと思います(ま、私は別に歌謡曲が大好きって訳じゃないし音楽といえばジャズかクラシックを聴いて来たんですが例えとして)。高コスト体質っていうのも高過ぎるのはアレですが、マネタイズは大事ですしね、継続性を持たせる為には。他には何か傾向はないかというと、

 個々人が、この曲好きとか、このアーティストが好きってのは
 あっても、最近は誰が聞いてもこれはいいって感じる曲だったり、
 すごいなと思わせるアーティストが減ってるからな・・・・。

こーゆー系統ですかね。昔はよかった系と言えるかもしれない。アーティスト(笑)なんて表現もみかけますが、最近のやつらはホントに聴く価値のある音楽を生み出していないッ!という内容のコメント。まー私もそういうことを感じない訳ではないのですが、これは経験と年齢の2つの要素が生み出した結果でしょうね。いいとも悪いとも言えないけど事実、みたいな。事実というと語弊があるかな。まずは経験。音楽に触れる経験が少ない世代が増えているでしょうから、音楽そのものに対する評価がそもそも低い人達が増えた、という点。なにしろ生活必需品ではないのでね(笑) 音楽なんて大昔は貴族階級の人間が楽しむもので世間一般ではワークソング(労働歌)くらいだったことでしょう。そして、年齢。音楽とともに生活し生きてきた世代が高齢化して時代に合わせ変化してきた音楽についていけなくなった、また音楽にかぎらず芸術やその他諸々の事柄に感動する感受性を失いつつあって「今の若いモンは」的な目でしか見られなくなっているのではないかという点。いや~私もいい年になったのでコレは本当に実感します(苦笑) 学生の頃は色々な音楽で感動する経験を何度もさせて頂いたのですが、本当に機会が減りましたね。生で聴く場に行っていないのが大きいかな。ま、生で聴くよりCD等を良いオーディオ(これも死語に近い?)で聴くほうが音質が良くていいという人達もいるのは知っていますが、私は自分が楽器演奏もしていたこともあり生演奏、ライブ派ですね(笑)

それに昔はよかった系のことを聴く度に思うのですが、私が小中学生の頃にTVで歌ってた歌手達より、ここ最近のTVで見かける歌手達の方が平均的歌唱能力、技術といってもいいですが、は上なんじゃないかと。ただ、技術が高ければいいのかというとそうでもなくて、プロとしてはレベル低いんじゃないのという程度の技術レベルでも感動を与えることは出来るのです。確かに能力は高いに越したことはない、しかし音楽や芸術の本質はそこではないと思います。

随分と長文を書き連ねてしまいましたが、若い頃に感動を与えてくれた音楽というものは、勿論今でも好きなので、色々と考えてしまいました。やっぱ基本的には若い感受性豊かな頃にいいものをたくさん聴いて、見て、感動する経験をしなければ…私はもうその時代は通り過ぎてしまったので、そういう経験をさせてあげなくてはいけないんだということですかね。そのベースがあって音楽に需要が生まれて音楽で食べていく人達が十分な人数音楽で食べていける環境ができて、その環境があることで更に別の新しい音楽が生まれて次の時代を作っていく、という流れができればいいですけどねー。

 感受性豊かな頃に音楽で感動し憧れる
  ↓
 その中からプロの歌手/プロの演奏者を目指す
 人が出てくる
  ↓
 更にその中の一部が有名になり世の中の人達
 に感動や憧れを与える
  ↓
 世の中で音楽にコストを支払う人が増える
  ↓
 最初に戻る(あとは無限ループ)

ってな感じですか(笑) まぁ、「憧れは理解から最も遠い感情だよ」という言葉もあるのですがwww それは置いておくとして。今ってYouTubeその他インターネットの世界で比較的簡単に音楽を聴ける場があるにも拘わらず、いいものを経験して感動してる人って少ない気がするんですが、なんでですかね。著作権管理団体(別にJASRACである必要はないと思いますが)も余りうるさいことは言わずに問題にならない程度でまずは無償で経験できる場を増やしてあげられる様に動くべきじゃないかなー(著作権を軽んじるわけではないのですが)。時間はかかってもそれがいい方向で発展する為の最初のきっかけになるんじゃないかと考えています。あ、あとパイが減らないように人口が減らないようにしないとね(笑)


2014-11-15(Sat)
 

【マンハッタン・トランスファー】ティム・ハウザーが亡くなったという記事を読んだ


http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/19/kiji/K20141019009128600.html
創設者のハウザー氏が死去(72歳)


あのマンハッタン・トランスファー(Manhattan Transfer)創設者であるティム・ハウザー(Tim Hauser)が亡くなったという記事を読んだ。そうかぁ、もう相当な年齢だろうしなと思って記事を見たが、72歳とのことで思ったより若い。もう80くらいになっているかと思った。

まあ、そんな私の勝手な思い込みはいいとして、世界最高峰のヴォーカル・グループとして、つとに有名であるマンハッタン・トランスファーをこの際色々と聴いてみようではないかッ! ということでYouTubeで探してみましたよ。様々な曲があるんですが、私の記憶に1番残っているアルバム「Vocalese」を中心にピックアップしてみよう。




Airegin



まづは何はなくともエアジンだ。そうとも、そうに決まっている。これを初めて聴いた時の衝撃は凄かったです。驚いて、呆れて、最後には笑うしかないって感じですか。曲名がナイジェリアを逆から綴ったものであるのも有名。




Move



これもカッチョイイですね~、Move。曲名でちょっと「らき☆すた」を思い出してしまいましたが、勿論全く関係はなく(笑) やっぱJazzっていいわ。




TWILIGHT ZONE



トワイライトゾーン。こういうヤツのほうがJazz慣れてない方でも聴きやすいかな? ジャニス・シーゲルかっこいいね。




Another Night in Tunisia



チュニジアの夜~ Anotherとついているので、もう1つのチュニジアの夜ッて感じでしょうか。ヴォイスパーカッションがかっこいいよなぁ。あ、ベースも。



BIRDLAND



そしてそして、バードランドですよ。バックは何とWeather Report! 歌ってる奴等も凄けりゃバックバンドも凄え(笑) もー笑うしかねえなw オマー・ハキム(Omar Hakim)のDrumsをバックにマントラが歌うとか、目の前で見たら(聴いたら)発狂して死んでるだろ、これ。

色々と聴くにつけ、お亡くなりになったのは残念です。ご冥福をお祈り致します。まぁ、先に天国で待ってたジャズ・ミュージシャンいっぱいいるから、心ゆくまでセッショでも楽しんで下さい。あと数十年も経たないうちに私もそっちへ聴きに行けるだろうしなッ!(笑)



Vocalese
VocaleseManhattan Transfer

Atlantic / Wea 1989-03-09
売り上げランキング : 34957


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2014-10-23(Thu)
 

【Jazz】本当に久し振りで楽器に触ったわ【Drums】


この間の日曜日、17日か、高田馬場の某スタジオで大学の頃Jazz研で一緒だったメンバでセッションしてきた。楽器に触ること自体数年振り、普段も練習全くしていない状態だったので、まともに手足が動くのか非常に疑問だった。まぁ、ミドルテンポなら刻んでちょっとフィル入れるくらいは大丈夫だな。音量のコントロールはあまり出来なかったし、三連符の粒がまともに揃わなかったが、楽しめれば良しとしよう。

一応メンバを記録しておくか。誰がいた? TpのWa君とTbのSa君とTsのSe君(言い出しっぺ)とpfのKo君とBassのNa君と私。このくらいか。あまりにも久々だった為、左手のスティックが当たる部分の皮が剥けてしまった。ブラスバンド等でレギュラーグリップでの演奏をしたことのあるパーカッションの方や、勿論Drums経験者の方はわかるだろう。やはり全メンバ練習不足の時は、ブルースでのセッションがいいね(笑)

※帰りに「けめこ」に寄りました。けめちゃんお元気そうで何より。


セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー [DVD]セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー [DVD]
(2005/04/22)
セロニアス・モンク

商品詳細を見る
ちなみにブルースのリフは、コレでした!w



2013-03-21(Thu)
 

【半裸アーケストラ】Jazz研在籍の学生時代に使ってたバカ単語、「半裸アーケストラ」でググったら【橋本一子】

う~ん^^;; Jazz関連にしてしまっていいのか、どーしよーもない内容なので若干躊躇してしまうのだが、他に該当項目もない為、やっぱJazz関連にしとくわ(笑)


全く以て、タイトル通りなんですが、私が学生時代に在籍していた某理工学部のSwing&Jazz ClubとゆーJazz研で稀に使われていた「半裸アーケストラ」というバカ単語。勿論(といって通じる方は少ないと思われますが)、「サン・ラ・アーケストラ」の駄洒落なのだが、今日なーんとなく思い出してしまって、今でもこんなバカ単語使ってる奴等がいるんだろうか世の中には…と思って、ついgoogle先生に聴いてしまった(笑)


結果に驚きました。なんとそのSwing&Jazz Clubの大先輩、橋本一子(pf)さんのblog(これ)に行き当たった(笑) おいおい、やっぱこーゆーバカ単語使ってるのはSwing出身者かよwww …スミマセンor2 一子さん。いや、しかしだ。ちょろっと思い出した単語一発で同じJazz研出身者の書いたものに即当たるってのは・・・やっぱ、こう、下らないものでも伝承されてしまうのですね、世の中(笑) 勿論、私は橋本一子さんよりだいぶ下の世代なので直接関係はないのですが。きっと今の現役世代でも言ってる奴いるんだろうなぁ('A`)y-~



Ub-XUb-X
(2006/03/22)
橋本一子

商品詳細を見る
世代が離れている為、現役時代に直接教えて頂いたりってのはないんですが、一子さんがSwingに在籍されていたことは語り継がれていましたよ。



太陽神降臨太陽神降臨
(1997/08/21)
サン・ラ・アーケストラ、サン・ラ 他

商品詳細を見る
こんなのも一緒に貼っておきましょうか。半裸アーケストラじゃなくて全裸アーケストラは実在するらしいwww



2012-08-20(Mon)
 

【ビル・エヴァンス】坂道のアポロン【石原裕次郎】 どー見てもエヴァンスです。本当にありがとうございましたッ!(笑)

http://www.noitamina-apollon.com/
坂道のアポロン


まぁ、だいぶ前に気付いてはいたんだけどさ。記事にはしてなかったんだよな。時期は逃してると思うけど、今更記事にしてみるテスツ。Ready、GO-!



アニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラックアニメ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック
(2012/04/25)
TVサントラ

商品詳細を見る
この絵w おいおい、どう見てもビル・エヴァンスと嵐を呼ぶ男の石原裕次郎ぢゃねーかッ(笑) 本当にありがとうございました、としか言い様がねえだろw




とゆーことで、だ(笑) もう既に↑の商品詳細に書いちゃったけど、「どう見てもビル・エヴァンス(石原裕次郎)ですッ!本当にありがとうございましたッ!」って感じだろうがよ。ちょっとさ、比較画像持ってきてみようか?



ザ・ユニヴァーサル・マインド・オブ・ビル・エヴァンス [DVD]ザ・ユニヴァーサル・マインド・オブ・ビル・エヴァンス [DVD]
(2006/04/21)
ビル・エヴァンス

商品詳細を見る
例えば、これとか?(笑) シンクロ率高過ぎだろう、常考www




~日活アクション映画誕生50周年記念 嵐を呼ぶ男~日活映画サウンドトラック集~日活アクション映画誕生50周年記念 嵐を呼ぶ男~日活映画サウンドトラック集
(2007/07/17)
石原裕次郎、牧村旬子 他

商品詳細を見る
例えば、これとか?w いやぁ、ま、でも、これは気づかない人は全く気づかないよね、多分。




通勤途中でよく立ち寄る書店でポスター貼ってあったのを見かけたのが数ヶ月前。見た瞬間に↑のセリフが脳内を駆け巡ったわwww しかし、こりゃエヴァンスと裕次郎でBLの二次創作とか来ちゃう?!来ちゃうのか?(笑) ←もうこの発想自体が色々と終わってる


2012-07-13(Fri)
 

「アニソンメドレー'00s'90s'80s」を弾いてみた【ピアノピアノピアノ】 いや、楽しいですね


「アニソンメドレー'00s'90s'80s」を弾いてみた【ピアノピアノピアノ】


いやぁアニソンって本当にいいものですね。それではまた来s(ry おっと。いい雰囲気ですね。'00s'90s'80s全部わかるわ。サクラ大戦/檄帝~るろ剣/そばかす のアレンジがJazzっぽくて良かった。締めのルパン三世も良かったZE☆



るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~ 主題歌 音楽絵巻 [DVD]るろうに剣心~明治剣客浪漫譚~ 主題歌 音楽絵巻 [DVD]
(2000/12/06)
浜洲英喜、 他

商品詳細を見る
るろ剣、いいですね。ギターで始まるOPも好きだったなぁ(曲名忘れたけど)。



2012-07-06(Fri)
 

【音楽】Jazzってやつぁ、と言いつつクラシック 指揮者と言えばこの2人! フルトヴェングラーとカラヤン

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
(2007/09/26)
ウィルヘルム・フルトヴェングラー指揮

商品詳細を見る
ベートーベンと言えばフルトヴェングラー、フルトヴェングラーと言えばベートーベンってなくらいベートーベンの名演が多い様だ



実際クラシックだよ、お前ってやつぁ・・・トカナントカw まぁルパン三世は置いておいて。クラシックの演奏家(指揮者)と言えば、私としてはフルトヴェングラーとカラヤンの2人だ。フルトヴェングラーは第九も名演として言われているが、英雄(エロイカ)もカッチョイイ。高校生だった当時、吹奏楽部に教えに来てくれていた芸大のトランペット吹きの先生が好きだったってのもあるかな(フルトヴェングラー)。


ベートーヴェン:交響曲第9番ベートーヴェン:交響曲第9番
(2006/11/08)
バーンスタイン(レナード)、ジョーンズ(ギネス) 他

商品詳細を見る
カラヤンなら第九ですかねえ。重厚にして華麗。



フルトヴェングラーは時代が古いので音源がアレな場合が多いが、その点はカラヤンが聴きやすいかも。それにしても・・・だ。

Wilhelm Furtwängler(ヴィルヘルム・フルトヴェングラー)、Herbert von Karajan(ヘルベルト・フォン・カラヤン)。う~ん、いかにも「ドイツ」な名前ですよねえ。いいですね。もう、名前だけでスゲエって感じになるw それでいいのかよ(笑) どちらもベルリン・フィルハーモニー管弦楽団で棒を振った世界的な指揮者だ。クラシックと言えばベルリン・フィルでとどめ!ってなもんで、ベルリン・フィルを聴かずしてクラシックを聴いたと言うなかれ、というほどその存在は大きい(と思っている)。

おおっ(@@ wikiを見ると、カラヤンは、SONYの大賀社長(当時)に看取られて亡くなっていたのかッ! 知らなかった。・・・と、ちょっと普段と違うクラシックの話題で記事を作ってみました。2人ともあまりにも名前がカッチョイイもんでね('A`)y-~



証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)
(2008/10)
川口マーン 惠美

商品詳細を見る
やっぱり並び賞される存在なのですね。



目で見る楽器の音―By FFT analysis目で見る楽器の音―By FFT analysis
(2004/04)
大蔵 康義

商品詳細を見る
あら、やっぱりあった大蔵康義先生の本。高校時代は御世話になりました。ありがとうございました。



2011-05-19(Thu)
 

Jazzってわけじゃないが、カセットテープの音源をデータ化(mp3か何か)したいと思ったが

サンコ- カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175Aサンコ- カセットテープをMP3に変換するプレーヤー USSW175A
サンコー

商品詳細を見る
こ~ゆ~の欲しかったんですが、近所のヤ○ダ電機にはなかったー



どうやら大手メーカーは生産していないらしく、この手のものは扱いがないということだった。4,000~7,000円くらいまでの価格帯でAMAZONだといくつかあるんですがねー オンラインで購入しましょうかねえ・・・ デッキもしばらく前までうちに置いてたTEACの片付けてしまったしなぁ。Jazzのカセットテープ200本くらいあるんだよな・・・or2 ま、フリーの録音アプリはいろいろある様だから、それと何かデッキみつけて面倒だけど併せ技でいくかな。ミニジャックをUSBケーブルとアダプトしてくれるアダプターもある様だ。



Sound Blaster Easy Record SB-EZRECSound Blaster Easy Record SB-EZREC
(2009/10/07)
クリエイティブ・メディア

商品詳細を見る
これとか。USBポートでミニジャックを接続できるっぽい。



2011-05-16(Mon)
 

【津村泰彦】世界名作劇場 「母をたずねて三千里」を弾いてみた OMG! GREAT!


世界名作劇場 「母をたずねて三千里」を弾いてみた
津村泰彦さん


前にも取り上げたことのある、津村泰彦氏のウクレレによる「弾いてみた」動画だ。これは世界名作劇場「母たずねて三千里」OPですね。勿論見てましたよ、リアルタイムでw この緩急の付け方、いいなぁ。いや、この御方に向かって批評をする的なことを言うのは、それ自体間違っている気がするのですが、前半の緩い部分から、後半の盛り上がりへ行く展開の弾き分けは、見事と言う他ないですよね。弾いてる姿も、めっちゃ様になってるし、音も絵もばっちりです。トムソーヤーの冒険や南の虹のルーシーを「弾いてみた」もあるので、聴いてみたい方は【津村泰彦】タグで探してみるといいわッ!



湘南湘南
(2009/02/19)
津村泰彦

商品詳細を見る
津村泰彦氏のアルバムですよ~



母をたずねて三千里 完結版 [DVD]母をたずねて三千里 完結版 [DVD]
(2001/05/25)
松尾佳子、二階堂有希子 他

商品詳細を見る
マルコ・・・



2011-05-12(Thu)
 
Counter(+90,000)
Profile

ぎゃわ

Author:ぎゃわ

いいよ、信心深いヤツには向かねえ仕事だ。俺は夢ぇ盗まれたからな。取り返しに行かにゃ。実際クラッシックだよ、お前ってやつぁ。

(画像は岡部倫太郎
pixiv 式森(B)氏作)


gyawa
since 1997.11.23

人気記事ランキング
東京国立博物館
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
New Topics
Comment
ITmedia Topics
Archive
Search
QRコード
QR
ブログパーツ